1日15分でできる話題の骨盤ダイエット

あなたに無料プレゼントがあります

皆さんが知っているダイエット、これまで試したことのあるダイエット方法が いかに間違いだらけかということを知っていますか?
今回ダイエット『知らない人が多すぎる!あのダイエット法の裏側』無料レポート を作成しました。極秘情報を無料でご覧になってみませんか?
『キレイ痩せへの第一歩』として、是非こちらを皆さんに読んで頂きたいのです。

ダイエット 方法 資料請求 ダイエット 方法 無料レポート 無料といっても、中身に関しては本来なら有料にしてもおかしくない、秘匿性の高い、非常に濃い内容となっています。 加えてこれまで2000人以上の方にお伝えし、美肌と健康、体脂肪燃焼のキレイ痩せ体質を築いてきた「キレイ痩せ講座」もあわせて無料でお送りします。
(講座の配信解除はいつでも行えますのでご安心ください)

 
『知らない人が多すぎる!あのダイエット法の裏側』
「キレイ痩せ講座」無料レポート&メール講座
◆無料レポート&講座をお読みになるのは簡単です。下記よりお申し込みください。
ダイエット 方法 レポート
これまで5万人の骨盤ダイエットを成功させてきた私には、あなたをモデルのような痩せてるのにバストが大きくて、くびれのある細いウエストの体型に大変身させる絶対の自信があります。

骨盤のゆがみを解消し、体全身の新陳代謝を高めて、脂肪を燃焼させることが一番の近道だからです。 また骨盤のゆがみが解消されることで、体全身の骨格が矯正されますので、 痩せてもバストサイズはアップし、ウエストが細くなりヒップアップすることができるのです。

【新着NEWS】
>>> 『間違いだらけのダイエット方法!あのダイエット法の裏側』無料レポート




簡単ダイエット、誰でも手軽にできるダイエット方法の新着情報

骨盤ダイエットも効果期待できる

骨盤ダイエットって聞いたことありますか? 骨盤は横から見るとやや前に傾いていて、正面から見ると逆三角形にみえます。骨盤はバランスをとる、歩行するなど、日常生活では非常に重要な役割を担ってます。

体の中心に骨盤は位置しており、脊柱の一部である仙骨、それに接した左右の大きな腸骨、前方にある恥骨と坐骨から成ります。骨盤は「体の支柱」のようなもので、股関節と連結しており、上肢と下肢を支えているのです。

骨盤が歪むと体のバランスも悪くし、肩凝りや腰痛などの不調の原因にもなり、スタイルも当然悪くなり、さらには不妊を招く可能性もあります。骨盤はまわりの筋肉によっても支えられています。その筋肉とは、上半身と骨盤をつないでいる腹直筋と脊柱起立筋、下半身と骨盤をつなぐ臀部筋群(おしりの筋肉)と内転筋(ふとももの内側の筋肉)です。

座骨を広げないようにする骨盤専用クッションが販売されて結構人気を呼んでいます。正しく座ったら、両手で下腹部を軽く押さえます。力を入れてお腹をへこませた状態で、1分キープして静かに深く呼吸をします。これだけでも充分に効果が期待できます。体のバランスを戻して行けるよう少しずつでも継続しましょう。これを一日に何回か意識して行います。

もっとも長い時間座る場所にあなた専用の骨盤クッションをイスに正しく置きましょう(前後左右を間違えないようにしましょう。)

>>>

ウォーキングダイエット

身体運動としては最も無理がなく、スポーツ経験のない人でもすぐに始められる運動がウォーキングともいえるでしょう。歩幅を普段歩くより広げながら、効率よく背筋を伸ばして腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で歩くようにしましょう。

ウォーキング ダイエット

1日15分くらいから始めます。つま先で地面をけり出すようにして、かかとから着地します。だんだん慣れてきたらウォーキング時間を30分から1時間くらいに増やしていきましょう。脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといいます。したがって止まらずに歩きたいものです。ウォーキングをする上で姿勢もよくしながら歩くことでダイエット効果がさらにあがります。

最も健康的なダイエットというものは食事を制限するようなものではなく、運動をメインに取り入れたものと言えるでしょう。無酸素運動より有酸素運動を有効に取り入れたものでダイエットにおすすめなのがウォーキングでしょう。

ウォーキングのスピードは少し息が上がるくらいのスピードで歩くようにし、決して無理はしないように注意しましょう。持続することが大切で、早く歩くことが目的ではありません。

自分の都合のいい時間に出来るのがウォーキングの良いところでもあります。例えば早起きして早朝にウォーキングをされる方を見かけますが朝は血糖値が低いので立ちくらみの原因にもなります。ダイエットの効果もあまり望めないのでこのようなことはあまりおすすめできません。

脂肪の種類で落としやすいダイエット

脂肪(体脂肪)には大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪があります。皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪のことで、内臓脂肪とは、皮膚よりずっと深いところにある内臓周囲に付着する脂肪のことで、内臓、すなわちお腹周辺につきます。

簡単 ダイエット

内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ちやすい」という特徴があります。 有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりもはやく減っていきますので。地道にダイエットをして行きましょう。

このように脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのがおわかりいただけたと思います。

全体的には太っていないけれどもお腹だけぽっこりと特にでている人は「内臓脂肪が付いている」とみたほうがいいでしょう。おへその横の脂肪を手で皮膚ごとつかんでみましょう。お腹が出ているのに脂肪をしっかりつかめないケースでは脂肪がたっぷり内臓のまわりに付いている可能性があります。

また、2種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、その他の役割がありますが、脂肪を過度に体にため込むのは万病のもとです。そこのために不必要な脂肪をそぎ落とすことが大切です。

それでは、みなさん落としやすいのはどちらの脂肪かおわかりになりますか?それは内臓脂肪のほうです。 片や、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。確実にダイエットを成功できるように、自分に合ったダイエット方法を見分けられるように是非したいものですね。

【ダイエットに関する新着情報】【PR】高校受験勉強法
クラミジア
フィード