成分で工夫するダイエット:カテゴリー

脂肪の種類で落としやすいダイエット

脂肪(体脂肪)には大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪があります。皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪のことで、内臓脂肪とは、皮膚よりずっと深いところにある内臓周囲に付着する脂肪のことで、内臓、すなわちお腹周辺につきます。

簡単 ダイエット

内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ちやすい」という特徴があります。 有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりもはやく減っていきますので。地道にダイエットをして行きましょう。

このように脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのがおわかりいただけたと思います。

全体的には太っていないけれどもお腹だけぽっこりと特にでている人は「内臓脂肪が付いている」とみたほうがいいでしょう。おへその横の脂肪を手で皮膚ごとつかんでみましょう。お腹が出ているのに脂肪をしっかりつかめないケースでは脂肪がたっぷり内臓のまわりに付いている可能性があります。

また、2種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、その他の役割がありますが、脂肪を過度に体にため込むのは万病のもとです。そこのために不必要な脂肪をそぎ落とすことが大切です。

それでは、みなさん落としやすいのはどちらの脂肪かおわかりになりますか?それは内臓脂肪のほうです。 片や、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。確実にダイエットを成功できるように、自分に合ったダイエット方法を見分けられるように是非したいものですね。


低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは低炭水化物メニューとご褒美食(この意味は自分に語法日をあげるという意味で好きなものを食べることができます)の組み合わせ・プランによりごはんやパンなどの炭水化物への欲求を減少させ、体重の減少とその維持を目標とするものです。

もともとこのダイエット方法は炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

自分自身の生理的メカニズムを利用しながら、他のダイエットとは異なりカロリーを計算する必要もなく自然にカロリーを摂取するのを減らすダイエット方法です。

この低炭水化物ダイエットを考案したのは、アメリカの科学者ロバート.C.アトキンス博士です。低脂質ダイエットに比べると、体に与える負担が少ないので、日本人に向いているダイエット方法とも言えます。

低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエット方法です。目的は炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすというのが重要なことなのです。一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事をするトータル時間を減らして1時間以内にするということでダイエットを成功させるシステムになっています。

炭水化物中毒者が、中毒でない人と同じようなカロリーを摂取していてはダイエットがうまくいくはずもなく、苛々がつのるだけでしょう。したがって最初は自分が炭水化物中毒か否かをチェックするところからスタートさせましょう。


プロテインダイエット

「プロテイン」として一般に市販されているのは大豆などに含まれる植物性タンパク質を抽出したものです。その多くが粉末状で水やミルクに溶いて飲みことが多いでしょう。普段の食事を補助するという意味で、足りない栄養を補うために完全な栄養成分のみで作られています。そのためにプロテインはもともと身体作りをする運動選手のための補助食品として使われていました。

プロテインとはアミノ酸がいくつも結合した巨大な分子、すなわちアミノ酸の集合体のことをいいます。このプロテインを水に溶解させずに栄養とするためには消化させてアミノ酸に分解しないといけません。そうしないと腸からは吸収されず、消化すること自体も体にとっても負担が大きいものとなります。したがって、ダイエット効果を発揮するためには、プロテインの消化にも有酸素運動が必須事項となります。

そこでプロテインダイエットを行う場合は有酸素運動をしっかりとして、カロリーと栄養バランスを考えた食事の組み合わせも必須事項として考慮しておきましょう。

そのためダイエット目的でプロテインを摂る場合には、カロリーを考えながら運動をするということがとても重要になります。プロテインダイエットでは運動をしないのにプロテインを摂取するとたんぱく質過剰になる可能性もありますので注意が必要です。

プロテインダイエットに限らずどのようなダイエット方法を行う場合でも同じだと思いますが、特定の栄養素や物質に偏りがちとなるダイエット法を実践する場合は注意が特に必要になるということを覚えておきましょう。



Page: 1
フィード