低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは低炭水化物メニューとご褒美食(この意味は自分に語法日をあげるという意味で好きなものを食べることができます)の組み合わせ・プランによりごはんやパンなどの炭水化物への欲求を減少させ、体重の減少とその維持を目標とするものです。

もともとこのダイエット方法は炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

自分自身の生理的メカニズムを利用しながら、他のダイエットとは異なりカロリーを計算する必要もなく自然にカロリーを摂取するのを減らすダイエット方法です。

この低炭水化物ダイエットを考案したのは、アメリカの科学者ロバート.C.アトキンス博士です。低脂質ダイエットに比べると、体に与える負担が少ないので、日本人に向いているダイエット方法とも言えます。

低炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエット方法です。目的は炭水化物の量を減らすのではなく、炭水化物を摂る回数を減らすというのが重要なことなのです。一日一回と制限して炭水化物を摂る食事にし、その食事をするトータル時間を減らして1時間以内にするということでダイエットを成功させるシステムになっています。

炭水化物中毒者が、中毒でない人と同じようなカロリーを摂取していてはダイエットがうまくいくはずもなく、苛々がつのるだけでしょう。したがって最初は自分が炭水化物中毒か否かをチェックするところからスタートさせましょう。


>>>

フィード