脂肪の種類で落としやすいダイエット

脂肪(体脂肪)には大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪があります。皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪のことで、内臓脂肪とは、皮膚よりずっと深いところにある内臓周囲に付着する脂肪のことで、内臓、すなわちお腹周辺につきます。

簡単 ダイエット

内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ちやすい」という特徴があります。 有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりもはやく減っていきますので。地道にダイエットをして行きましょう。

このように脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのがおわかりいただけたと思います。

全体的には太っていないけれどもお腹だけぽっこりと特にでている人は「内臓脂肪が付いている」とみたほうがいいでしょう。おへその横の脂肪を手で皮膚ごとつかんでみましょう。お腹が出ているのに脂肪をしっかりつかめないケースでは脂肪がたっぷり内臓のまわりに付いている可能性があります。

また、2種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、その他の役割がありますが、脂肪を過度に体にため込むのは万病のもとです。そこのために不必要な脂肪をそぎ落とすことが大切です。

それでは、みなさん落としやすいのはどちらの脂肪かおわかりになりますか?それは内臓脂肪のほうです。 片や、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。確実にダイエットを成功できるように、自分に合ったダイエット方法を見分けられるように是非したいものですね。


>>>

フィード